セフレ(SEXフレンド)を作りたいならば出会系アプリや出会い系サイトを利用するのが一般的な方法です。
こういったコミュニティサイトで掲示板の書き込みを見ていると気にかかるのが「ワリキリ」という文言です。

今回は【よく目にする割り切りとは】どういったものかについてお話します。

男性から女性にアプローチする場合にワリキリの関係を希望するというアプローチをすることもあります。
第一印象ではカラダの関係を求めているようなイメージです。
ですが、実際はそうではないのです。

1:ワリキリとは何?

ワリキリとは「金品の遣り取りを前提として出会って肉体関係・性交渉をすること」です。
いわゆる援助交際・売春になります。
これは売春禁止法・淫行条例・未成年者略取などいろんな地雷がある危険な人間関係であると言えます。

ですからセフレ(SEXフレンド)とは全く違います。
援助交際と耳にすると犯罪行為ではないと感じません。
売春や買春は違法です。
しかし、その行為そのものに罰則規定はありません。
社会的に抹殺されるだけです。

実際の話として、個人間で行われている場合はエッチの代償としてお金が支払われたかどうか捜査機関が立証できるでしょうか?
それはほとんど不可能なことで客観的にはグレーゾーンになります。

2:ワリキリの関係で交渉次第で性交渉もある

当日に出会って話の成り行きで交渉次第でエッチできるでしょう。
ですがそれも一回きりです。
セフレのように継続的な関係は構築できません。

風俗と同じで基本的に女性はお金のためにSEXしてます。
セフレ関係のようにお互いがカラダを求め合っているのではないです。
虚しいでしょう。
事務的にこなされているのでお勧めできる関係ではありません。

3:基本的にワリキリの書き込みはスルー

セフレ(SEXフレンド)を目指しているならばワリキリの関係はスルーしましょう。
人によってはワリキリの方が一回キリで深入りしないから良いと考える人もいます。
そういった考えならばワリキリの文言を探せばいいでしょう。

まとめ

出会系アプリや出会い系サイトでよく目にする割り切りとはこういう意味があります。
ワリキリの用語がどのような意味なのかを知っておきましょう。
ケースバイケースで深入りした人間関係が嫌ならばワリキリの相手を募集して一夜のSEXを大いに楽しむことがあってもいいのかもしれません。
本来のセフレ(SEXフレンド)のほうが満足度は高いと思いますよ。