エッチができる異性の友達をセフレ(SEXフレンド)と呼ばれてますが、今や普通の会話でも使われるようになってきています。
別に後ろめたい関係ではなくて、お互いに性欲を解消する目的で割りきった関係です。

では、いったいどこでそんな相手を見つけることができるのでしょうか?
それは「出会系アプリ」や「出会い系サイト」です。
出会い系サイトをアプリ化したものが出会系アプリで、アプリの方がスマートフォンで利用できるので主流になりつつあります。

今回はセフレの作り方テクニック【女性を想いやる言葉】についてお話します。

出会系アプリを利用しているときに最も気にしておきたいことは、相手の女性に如何に好印象をもっていただけるかどうかに勝負がかかっています。
面識もありませんし、相手の素性も分からない覆面性・匿名性があります。
そこで、ある程度の文章表現能力がなければ言いたいことがキチンと伝わりません。

1:文章力を鍛えよう

文章力……とても難しいように聞こえるかも知れませんが小説家やエッセイストを目指すわけではないのです。
常識的は範囲の部分でいいですし、文章力が弱いと自覚があるならば数冊参考書籍を購入して自己研鑽に励んでください。
セフレ作りのみならず人生に大きな武器になるはずです。

上から目線の命令口調とかキツイ言い方は女性の気分を害してしまいます。
そんなアプローチでは返事も頂けません。
女性は男性に対して面識がなくても「思い遣り」を望んでいるのです。

2:男性はのんびりと待っていてはだめです。

「優良」な出会い系サイトに登録して後は待つだけと考えている男性がいたら考えを改めましょう。第一に「不衛生」なイメージを感じさせるのはダメです。
女性が求めるセフレの男性は衛生的で紳士的な人物です。

また気分を害させないことはとても大切です。
女性は日常生活とは違う世界で自分をひとりの女性として扱って欲しいと考えています。
とりわけセフレの第Ⅰ候補である熟女・人妻はセックスレスですから……。
上から目線ならば旦那と同じなわけです。
そんな男性にはドキドキ感もないですしエッチする対象にはなりません。

3:大切に扱ってあげる

メールの遣り取りでもファーストデートの時でも、相手の女性を思い遣る言葉・女性を大切にする態度はオーバーなぐらいで強調しましょう。
「ポイント課金制」の出会い系アプリの場合は、男性は料金がかかります。
お金を気にして直アドを強引に聞き出したりするのはがっついている印象があり、女性はシラケてしまいます。

まとめ

女性を想いやる言葉を積極的に投げかけることはとても効果的です。
男性ユーザーのお金を気にすることよりも、急かされていることに恐怖を感じることもあるのです。はやる気持ちを押させて、じっくりと女性をいたわる気持ちを忘れないことが大切でしょう。