セフレサイトの登録について注意しなければならないのは年齢確認です。
特に18歳未満の女の子とSEXをしてしまった場合は、売春防止法・未成年者略取・淫行条例に抵触します。
バレた場合は逮捕されることもあります。

女の子のスマートフォンや携帯電話の履歴にあなたの電話番号があればアウトです。
人生を棒にふることになるでしょう。
こいういった最悪のことを回避してセフレを募集するには年齢認証はとても大切です。

今回はセフレサイトを利用する場合に【年齢確認を行う必要について】をテーマに解説します。

一時期は出会い系サイトが援助交際の舞台になっていました。
大きな社会問題化していたのです。
児童を守る為にセフレサイト・出会い系サイト・出会系アプリを利用する場合の年齢認証はとても大切なことになります。

1:出会い系サイト規制法の強化

当初の出会い系サイト規制法は年齢認証とかはありませんでした。
要するにザル法だったのです。
現在は強化されておろい、出会い系サイト・出会系アプリを利用するには年齢確認が必須条件です。

年齢確認ができない限りはサイトを利用することができなくなっています。
こういったシステムを導入しているのは出会い系サイトだけではありません。
結婚情報サービスなども同じようなシステムを導入しています。

中には出会系アプリは年齢認証が要らないと思っている人もいるようです。
しかし出会系アプリも出会い系サイトをアプリ化しただけで、実態は出会い系サイトです。
年齢認証をしないアプリは悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトですから地雷サイトと確認していいいでしょう。
利用しないようにしてください。

2:本人確認書類の提出

悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトでも年齢認証を要求する仕組みにしているかもしれません。
年齢認証をしているからと言って「優良」な出会い系サイトと判断するのは早計です。

年齢認証は本人確認できる書類を提出しなければなりません。
例えば自動車運転免許証・健康保険証・住民票・年金手帳などです。
最近は写真付のものに限定しているところもあります。

3:クレジットカードでも年齢認証できる

もしもクレジットカードを持っているならば、それで年齢認証を兼ねているところもあります。
ですが、これも注意が必要です。
悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトにクレジットカード番号を知られると危険な場合があります。
クチコミ情報サイトやオフィシャルWebサイトの利用規約などシビアにチェックしてからにしましょう。
番号だけでなく有効日まで要求してくるところは怪しいかもしれません。
便利ですが利用には注意しましょう。

年齢確認を行う必要についてご理解いただけたと思います。