セフレサイトの登録について考える場合にどのサイトを選ぶかがあります。
選択肢としては大きくわけて「完全無料」の出会い系サイト・「ポイント課金制」の出会い系サイト・「定額制」の出会い系サイトです。
最近は出会い系サイトがアプリ化して出会系アプリという形が主流になりつつあります。
スマートフォンで簡単にできるからです。
しかし、「完全無料」の出会い系サイトはとっても危険です。

今回は【無料がダメな理由】についてお話します。

「完全無料」の出会い系サイトの場合は誰でも登録できるので確かに登録人数は多いです。
ですが、その中で男性は95%程度のシェアをしめています。
女性はたった5%です。
これでセフレをゲット出来るでしょうか?
あり得ません。
だから「有料」出会い系サイトをお勧めするのです。

1:「有料」出会い系サイトといってもさほど高くない

「有料」出会い系サイトと聞くと高価な料金が必要と思われますがそうでもありません。
そしてお金を出してまでは止めておこうという軽い気持ちの男性はふるいにかけられます。
男女比率がバランスよくなりますので、チャンスが多くなります。
女性は無料で使えますね。

料金的には「定額制」の出会い系サイトでも月額3,000円まででしょう。
「ポイント課金制」の出会い系サイトの場合は、自分が使った分だけの支払いになります。

2:「ポイント課金制」の出会い系サイトでもタダで知り合えるチャンスはある

ポイント課金制出会い系サイトの場合は初回登録時に無料ポイントがついてきます。
このポイントを上手に使えばゼロ円でセフレゲットもできるかもしれません。
「優良」な出会い系サイトならば一日1回の掲示板投稿は無料だったりします。

私のは場合は上手く行けば150ポイントで女性と出会えたりできます。
1ポイントは10円ですから1,500円でデートできています。
そして100ポイントは無料ですから実質的な負担は500円です。

3:無料で登録してもセフレどころかメールのやりとりも無理

500円も出したくないドケチな人たちが「完全無料」の出会い系サイトを利用しているのです。
こういった人達は詐欺などの温床になっているサイトを利用しているわけです。
登録と同時に悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトに「同時登録」されたりします。

まとめ

無料がダメな理由をお話しましたのでご理解いただけたでしょう。
セフレが欲しいならば必要経費と割りきって「有料」出会い系サイトを利用するのが基本でしょう。