セフレ(SEXフレンド)を作りたいと思っている男性は多いと思います。
そんな場合に最も利用されているのが出会い系サイトや出会系アプリです。
中でもセックスフレンドを作る事に特化しているコミュニティサイトがセフレサイトです。

きちんとした使い方をすれば楽しいのですが、気を付けたいポイントもいます。
セフレサイトの注意点にはいろいろあります。

今回は【児童買春を回避する方法】についてお話します。

これまで「優良」な出会い系サイトを使って欲しいという説明を繰り返して来ました。
「完全無料」の出会い系サイトよりも「定額制」の出会い系サイトや「ポイント課金制」の出会い系サイトの「有料」出会い系サイトを使うことです。
名前が通っているサイトでクチコミ情報サイトやランキングサイトでも高い評価があるセフレサイトを選びましょう。

1:「優良」な出会い系サイトを使わなければならない理由

近頃ではインターネット上に「完全無料」の出会い系サイトがたくさん誕生しています。
無料の掲示板や神待ちサイトや神待ち系掲示板などでは18歳の未成年者が自由に参加できるような無法地帯になっているところもあります。

そうなれば児童売春・未成年者略取・淫行条例・児童ポルノ規制法・売春禁止法などさまざまな法律に抵触することになります。
知らない間にあなたは犯罪者になってしまいます。
もちろん知らなかったでは通用しません。

2:私服であれば見分けがつかない18歳未満の女子高校生や女子中学生

メイクをばっちりして、私服に着替えたら最近の女の子は体格も良いのでまったく区別はつかないでしょう。
実際に連絡を取り合ってであった女の子が18歳未満の未成年者かどうか客観的にジャッジするのは極めて難しいです。
女の子が未成年であると言わない限りは分かりません。

児童売春は5年以下の懲役または500万円以下の罰金やその両方が科せられることがあります。
それだけでなく社会的にも大きなダメージになるでしょう。
一度、そういったレッテルを貼られてしまうと再就職もできないし住むところすらなくなってしまいます。

3:年齢認証があるかないか?

無料の出会い系サイトや無料掲示板や神待ちサイトはとても危険です。
出会い系サイトでは出会い系サイト規制法があり年齢制限や本人確認が義務づけられています。
しかし、その管理者が実行しなければフリーになります。
登録する場合に年齢認証・本人確認をしっかりできるサイトを選びましょう。

まとめ

「優良」な出会い系サイトと呼ばれているところを利用する事……これが児童買春を回避する方法ではないでしょうか?